· 

ホテルビール自販機 でマスクや除菌グッズを販売!|OYOサンホテル国分様の導入事例

ホテルビール自販機での物販販売例

ワクチン接種が進む現在も、依然として続く新型コロナウイルス感染症の拡大。

 

特に飲食業や宿泊業は、緊急事態宣言下における客足の低迷や「営業時短要請」といった逆境に今もなお苦しんでいます。

 

そんな中、感染対策の一環として発案された「自販機での衛生用品販売」に注目が集まっています。

 

ゼニスで以前、ビール自販機 を導入いただいた、OYOサンホテル国分様でも、こうした取り組みを実施されていました。

 

そこでこの記事ではOYOサンホテル国分様の事例を踏まえ、ビール自販機 でマスクや除菌グッズを販売する経営者側のメリットについて解説します。

自販機でマスクや除菌グッズを販売する動きに注目

自販機で衛生用品の販売が大きく注目されるようになったのは、大手清涼飲料メーカー「ダイドードリンコ」が報道各社に対して自販機で公衆衛生用品を取り扱うことを表明したことがきっかけでしょう。

 

参考資料:自動販売機で取扱う公衆衛生用品を追加販売 | 株式会社ダイドードリンコ

 

コロナの感染拡大に伴う不安感に対して、こうした対策は非常に注目されています。

 

ほかにも富士電機などのメーカーから「マスク専用自販機」が登場するなど、マスクの生産供給が追いついたことで、消費者に対してより手軽に衛生用品を提供する動きが盛んです。

オリジナルビール自販機ならアイデア販売可能

OYOサンホテル国分様でのビール自販機マスク導入事例

 

全国チェーンのホテルグループ傘下にある、OYOサンホテル国分様もマスクや除菌グッズをラインナップした宿泊施設の1つです。

 

その事例を見ていきましょう。

「OYOサンホテル国分」様とは?

OYOサンホテル国分様は、インド発の「OYOホテルグループ」の1つ。

 

OYOホテルグループは日本進出からわずか半年で100軒以上のホテルを構えるなど、成長のめざましい世界的チェーンです。

 

ソフトバンクで有名な孫正義さんが1000億円を投資したことでも話題となりました。

 

そんなOYOホテルの中でも、今回自販機でマスク販売を始めたのは鹿児島県霧島市にある「OYOサンホテル国分」様です。

 

1泊6000円を切る格安プランも多く、ビジネスマンから観光客まで広く愛されているホテルといえます。


【公式】サンホテル国分 | 霧島国分の中心市街地

ホテルビール自販機で話題作り

ちょっとしたときに買える衛生用品が便利

 

OYOサンホテル国分様では4つのドリンク枠を空け、マスクや除菌ウェットティッシュをラインナップしました。

3枚入りのマスクと2枚入りの除菌ウェットティッシュはいずれも200円と安価で、ちょっとしたときも躊躇なく買える価格です。

 

衛生用品はいずれもカップ酒のような形状のボトルに入っています。

 

そのまま持ち帰っても良し、その場で開けて容器を捨てることもできるため、便利です。

 

さらに衛生用品をラインナップしたビール自販機はフロント目の前。

 

顧客から認知もされやすく、チェックインやチェックアウト、朝食のついでなどに使いやすい設置場所です。

 

たとえば替えのマスクを買い忘れてしまった人や、マスクを落として替えが必要になった人などにはとても助かるビール自販機といえます。

 

なおOYOサンホテル国分様では、衛生用品のほか、お酒に合うおつまみもビール自販機で販売されています。

 

お酒の提供終了時刻が早い近頃では、家飲みの需要を満たすこうした取り組みもおすすめです。

 

OYOサンホテル国分様のマスク自販機がどんな様子か見てみたい方は、以下の動画をご覧ください。

 

ホテル ビール自販機でマスクを買ってみた | 株式会社ゼニスアンドカンパニー

 

ビール自販機でマスクを販売するメリット

ビール自販機でマスクを販売することには、さまざまなメリットがあります。

 

無人の非対面で衛生用品の販売ができる

ビール自販機なら販売の際に人を介す必要がないため、販売にかかる手間や人的コストが抑えられます。

 

その他、非対面型ツールである自販機を使うことで衛生面にも配慮できるのが魅力です。

 

そもそも、すぐにでもマスクを必要としている人は、マスクを持っていないことが想定できます。

 

このご時世、マスク無しで売店やコンビニへは行きにくいでしょう。

 

その点、ビール自販機はこうした制約がなく、誰でも気軽に衛生用品を購入できるのがメリットです。

 

なお、ビール自販機は24時間稼働しているため、時間にも縛られず購入できます。

 

顧客に安心して利用してもらえる

ホテルや宿などの宿泊施設の利用客は、衛生管理や設備を気にする傾向にあります。

 

ビール自販機で衛生用品を販売することで、こうした感染への不安感を持った顧客に対してアピールできるはずです。

 

検温や入退店時の消毒は、いまやどこでも行なっている取り組みです。

 

そこから一歩抜き出た衛生用品の自販機販売は、他店との差別化にも繋がるでしょう。

 

結果的に、顧客にとって安心して利用できる店作りができます。

 

自販機のラインナップに無駄を作らない

自販機を置いているものの、あまり売上が出ていない場合にマスクや除菌グッズのラインナップはおすすめです。

 

売れ行きの低迷したドリンクを入れておくよりも、マスクや除菌グッズを入れておいた方が単価を高く設定しやすく、売上を伸ばせる可能性があります。

 

特に衛生面への配慮意識が高いファミリー向けの飲食店や宿泊施設では、重宝される可能性が高いでしょう。

ゼニスのビール自販機ならラインナップも自由自在!

マスクや除菌グッズを自販機に販売する際、注意すべき点があります。

 

それは「飲料メーカーの自販機では自由にラインナップを変えられない」という点です。

 

飲料メーカーの自販機は基本的にそのメーカーの販売する飲料だけで構成されるため、勝手に内容物を変更することはできません。

 

一方、ゼニスは純粋な自販機メーカーのため、ご契約いただいた自販機のラインナップはオーナー様の自由です。

 

さらにゼニスなら、ご相談いただけばイレギュラーな形状のカップにも一部対応可能。

 

自由度が高く、ご要望に合ったラインナップを実現できます。

長野県 OYO ホテル WWJ 伊那 さまにもビール自販機導入頂きました


専用ビンで物販も計画中ですカップラーメン


まとめ

OYOサンホテル国分様がゼニスのビール酒自販機で、マスクや除菌グッズを販売された事例についてご紹介しました。

 

ゼニスのビール自販機はソフトドリンクやお酒にとどまらず、衛生用品やおつまみなどのイレギュラーなラインナップも簡単に実現可能です。

 

顧客のニーズに合わせて柔軟にラインナップを変えていけば、売上の伸びも期待できるでしょう。

 

ゼニスのビール酒自販機については、ぜひゼニス公式サイトからお問い合わせください。

 

コロナ禍という逆境の中ですが、力を合わせて何とか乗り越えていきましょう!

 

では、今回は山下がお送りしました!

 

また次回もお会いしましょう!それではまた^^