酒自販機 年齢確認

酒自販機 年齢確認

酒自販機 年齢確認 について

 

弊社ゼニスの酒自販機は信頼の松村エンジニアリング製の年齢識別装置を採用し未成年者への販売防止を行っています。酒店さま向け ホテル宿泊施設向け の酒自販機の種類によってはオプション設定となります。

酒自販機 年齢確認 と言えば年齢識別装置が付いていない、数十年前に流通されていた従来型の酒自販機がクローズアップされます。国税庁では、従来型の酒類自動販売機の撤廃を指導していますが、酒店さまにとって商売道具にあたる為、決定的な拘束力がないのが現状です。酒自販機ゼニスが販売するような改良型酒類自動販売機への買い替えを勧められています。従来型の残存は2114台あります。

酒自販機 年齢確認
酒自販機 年齢確認

マイナンバーカード・運転免許証で酒・たばこ自販機が買えるようになります。たばこ自販機においては2026年3月末にタスポが廃止決定されましたので、廃止後は年齢識別装置の取付が必須となります。松村エンジニアリング製EXC-2500ZYMは財務省事実認定品となりますのでご安心してお買い求めできます。

たばこ自販機への出張取付サービスはこちら


従来型酒類自動販売機とは下記のような自販機です

酒自販機ゼニスでも過去何数十台もの、従来型酒類自動販売機から最新の改良型酒類自動販売機への入替を行ってきました。電気代が毎月1万円前後掛かるなど、旧型自販機のランニングコストをみても最新型が圧倒します。最新型なら毎月の電気代は約1.500円~2.000円程度です。買い替えは環境への配慮と共に経営者するお店の経費削減に繋がっていきます。

従来型酒類自動販売機
従来型酒類自動販売機
従来型酒類自動販売機
従来型酒類自動販売機
従来型酒類自動販売機
従来型酒類自動販売機

 

安全対策 | 未成年者対策 - 日本自動販売システム機械工業会 より抜粋

改良型酒自販機は、運転免許証や酒店が成人にのみ発行する暗証番号入りのIDカードを読取る年齢識別装置を搭載し、利用者が成人であることを確認しないと酒類を販売しないシステムです。

 

自動販売機・20歳未満の者の飲酒問題 - 国税庁 より抜粋

自動販売機・20歳未満の者の飲酒問題

 

年齢確認できない酒類自動販売機は2114台まで減少 より抜粋

年齢確認できない酒類自動販売機は2114台まで減少

 


酒自販機についてのお問合せは下記へお願い致します。

 

株式会社 ゼニスアンドカンパニー   

〒591-8025 大阪府堺市北区長曽根町1936-1-1110

TEL 072-240-0430

 

酒店向け 改良型自販機